自社で行うメリット

自社システムを使って研修ができる

スキルを高めるだけでなく人脈も広げられるという観点から社外での研修が活況を呈していた時期もありましたが、近年は自社での人材育成研修が、改めてクローズアップされています。では自社で行うメリットとは何なのでしょうか。まずは自社のシステムを研修でも使えるということです。数年前からシステムエンジニアの競争が激しくなり、企業は高度な独自のシステムを導入できるようになりました。それに比例してセキュリティも厳しくなり、社外のパソコンから自社のシステムにアクセスするのが難しくなっています。自社のシステムがインストールされたパソコンを社外に持ち出すには、たくさんの書類や手続きが必要になるという企業もあるでしょう。自社で研修を行えば、わずらわしい手続きが省かれ独自のシステムをスムーズに人材育成に活かすことができるのです。

身近なライバルを見つけやすい

また「人材はライバルと切磋琢磨してこそ、育成される」という言葉があります。社外にライバルを見つけるのは悪いことではありませんが、会う頻度が少ない人材をライバルにしていては切磋琢磨があまりできないのです。その一方で自社研修がきっかけでライバルを見つけることができれば、その後も会う機会は多いですし情報交換もしやすくなります。近年は「競争を避けましょう」という風潮が強くなっていますが、本音の部分では他の人材がどんなポジションにいるのか、どんなプロジェクトに参加しているかを気にしている社員が多いのではないでしょうか。自社で研修を行えば、そのようなライバル意識が適度に刺激されます。人材というのは身近な社員と比較されることで成長する一面もあるのです。

販売の研修とはその販売業界に適したマニュアルに沿って行われます。業界によっても違いますが基本的に挨拶の仕方から始まる事が多いです。そして販売をするための基本を学ぶためのものです。