自社で行うデメリット

自社で人材育成研修を行う場合のデメリットについて

自社で研修を行う時、ほとんどの場合、担当するのは人事部になります。人事部は通年を通して忙しい部署です。人材育成研修の機会が増えれば増えるほど、人事部の業務量が増えていくことになり、担当者の仕事がまわらなくなっていくことが懸念されます。また、研修での講師や研修プログラムなども、自社社員が担当します。この場合、教え方であったりプログラムの組み方などに、一定のレベルを維持できるかどうかわからないといった点も、デメリットと言えます。 他にも、同業種、同業界の成功事例や、最新情報などの情報が取り入れにくい点も、デメリットと言えます。研修自体がマンネリ化してしまったり、習得できる範囲が制限されてしまう場合があります。

研修を外注する場合のメリットとデメリットについて

人材育成研修を外注した場合の、メリットを見てみます。外注した場合の最も大きなメリットは、専門的視点から自社の課題を分析してくれますので、より効率的で効果的なプログラムの構築が可能になります。講師も経験豊富なプロフェッショナルである場合が多く、研修を受ける社員の納得感も上がる場合が多いです。 一方、デメリットを見ていきますと、まず急な日程の調整や変更が難しい点が挙げられます。他にも、人材育成に係るコストが、自社で行う場合に比べてどうしても割高になってしまう点も、検討すべきところです。また研修をお願いするにあたって、自社の情報や課題、研修のイメージなど、1からお伝えしていかなければなりません。外注先に理解してもらうまでの時間コストがかかる点も、デメリットと言えます。

接客マナーの研修は、サービスの向上にも役立ちますし、店舗のイメージも改善されるので、とても良いです。