人材育成研修は非常に有益ではありますが、その方法は会社によって異なります。法律によって実施方法なども特に決まっていないので、自由に行えるのです。そんな人材育成研修の二つの方法について紹介していきます。

自社での人材育成研修

自社で人材育成研修を行うのは、多くの会社に共通することです。場所も自社のスペースを活用すれば良いですし、移動などの手間もありません。一見悪い部分がないように思えますが、デメリットもあるので注意が必要です。

自社で行うメリット

スキルを高めるだけでなく人脈も広げられるという観点から社外での研修が活況を呈していた時期もありましたが、近年は自社での人材育成研修が、改めてクローズアップされています。では自社で行うメリットとは何…

自社で行うデメリット

自社で研修を行う時、ほとんどの場合、担当するのは人事部になります。人事部は通年を通して忙しい部署です。人材育成研修の機会が増えれば増えるほど、人事部の業務量が増えていくことになり、担当者の仕事がま…

講師の選定方法

会社ごとに異なる運営方針が固まっていなければ、社内での人材育成はブレが生じてしまいます。統一した研修方針に則って表な教育を行える人材をテーマ別に用意することが望ましいです。業務に必要な外せない人材…

人材育成のセミナーについて知ろう

人材育成のセミナーは会社の人材をよりよく育成するなどのために行われているセミナーで、人材育成を担当しているスタッフなどの参加が多くみられます。

外部に依頼する人材育成研修

外部に依頼して人材育成研修を行うこともできます。外部に依頼する人材育成研修は、自社で行う場合と何が違うのか紹介します。外部の人間なのでその会社の実情を知り尽くす訳ではありませんが、多くの利点が存在するのです。

外部に依頼するメリット

人材育成研修の講師を外部から招くことの大きなメリットの1つは、他社の状況や取り組みについて話を聞くことができる点です。同業種で何度も研修を行っている講師であれば、自社が抱える顕在的な問題を同につい…

外部に依頼するデメリット

人材育成を外部の専門サービスにアウトソーシングする組織があります。アウトソーシングを行うメリットとしては、外部の優れた専門家に客観的なコーチングを委託できる点です。また実際の部下と上司ではなく、外…

どのような講師を呼ぶべきか

人材育成研修を実施する手段は大きく分けて自社で研修を行う方法と、外部に委託して研修をする方法とがあります。どちらの方法を実施するにしても、まずはどういった人材を想定するのか方向性を決めておかなけれ…